白髪 目立たなくする

白髪を目立たなくする方法はある?髪形やちょっとしたケアで変る

 

白髪のケアは本当に面倒ですね。

 

染めても少したつと新たに伸びてきた部分が気になってきたり、いつの間にかチラホラと増えていたりと本当に白髪ケアは大変だったりします。

 

白髪があるとそれだけでも老けた印象になってしまいますから、できるだけ目立たないようにしていきたいところです。

 

手軽に白髪を目立たなくする方法はあるのでしょうか?

 

 

白髪を目立たなくするには、この2つがポイント

 

白髪を目立たなくするには、この2つを試してみてください。
↓↓

  • 動きのある髪型
  • こまめなプチメンテナンス

動きのある髪型

白髪は真っ直ぐなストレートヘアだとより目立ちやすくなります。

 

動きのあるウエーブやカールのある髪型にすると、白髪があっても毛流れに紛れて目だちにくくなります。パーマやヘアアイロンなどを活用してランダムな動きのあるヘアスタイルにしてみましょう。

 

分け目も直線でクッキリと分けるよりはジグザグに分けたりして、分け目をあいまいにすると白髪目立ちにくくなります。

 

また、部分的にメッシュを入れるヘアカラーも白髪を目立たせにくくなります。

 

白髪が密生して生えている箇所があるなら、その白髪を活かしてお洒落なメッシュヘアにしてみるのもおすすめです。

 

例えば、白髪の部分だけ明るめのカラーの白髪染めで染めてみるなど。こうすることで自然なメッシュになります。

 

メッシュ+動きのあるヘアスタイルだとより目立ちにくくなります。

 

ある程度の年齢になるときちんと感を出したくてついストレートヘアーを選びがちですが、軽やかな動きのあるヘアスタイルで白髪対策をしてみるといいかもしれません。

 

こまめなプチメンテナンス

数か月に一度全体を白髪染めしてその後は放置。。という状態では、数週間たつとどうしても白髪が気になってきます。

 

白髪ケアを負担なく、できるだけ白髪が気にならない期間を長くするためには、小まめなプチメンテナンスを日常的におこなっていくことが大切になります。

 

具体的にどんなケアをしていくのかというと、白髪染めができるシャンプーやトリートメントなどを活用して定期的に染めている白髪染めの効果をできるだけ維持していきます。

 

こういった白髪染めができるシャンプーやトリートメントは、染まり具合がいまいちと言われていますが、一般的なシャンプーやトリートメントに比べると白髪を染める効果がありますから染めた白髪を維持していくという場合にはとても役立ってくれます。

 

白髪染めができるシャンプーやトリートメントは入浴の際などに手軽についでにできますから、小まめに活用して白髪染めの効果を維持していきましょう。

 

おすすめの白髪染めトリートメント

マイナチュレ



↑↑詳しく見てみる↑↑

 

よく染まると人気のトリートメントです。

 

植物由来原料で作られ無添加であるため、肌が弱い方でも安心して使えます。

 

カラーはダークブラウンとブラウンの2色あります。

 

■内容量
1本:200g

 

■使用回数

  • ショートヘア:約6回
  • セミロング:約5回
  • ロングヘア:約5回

 

■価格
定期購入:初回1本3,000円(税抜き・送料無料)※いつでも解約可



↑↑詳しく見てみる↑↑

 

 

髪萌 HATSUMOE



↑↑詳しく見てみる↑↑

 

くちなしの天然色素を使った敏感肌の方でも安心して使えるカラートリートメントです。

 

地肌と髪に良い12種類の植物由来成分やツバキオイル、クパスバター、オリーブオイルなども配合されていて、潤い、ツヤ、コシのある髪に導きます。

 

カラーはナチュラルブラックとダークブラウンの2色です。

 

■内容量
1本:200g

 

■価格
初回限定:2,199円(税込)



↑↑詳しく見てみる↑↑

 

こんなヘアコンディションの方は、白髪染めが色落ちしやすくなります

髪が傷んでいるとキューティクルが開き、染料が落ちやすくなるため色落ちしやすくなります。

 

一度でしっかり染まるタイプの白髪染めをしてもすぐに色落ちして白髪が目立つようなら、髪が傷んでいるのかもしれません。

 

一度でしっかり染まる白髪染めはヘアマニュキュアやカラートリートメントとは違い、しっかりと染まるぶん髪や頭皮に強いダメージを与えることがあります。

 

白髪染めが色落ちしやすいと感じる場合には、髪のダメージが落ち着くまで髪へのダメージが少ないヘアマニュキュアやカラートリートメントでケアしていくのがおすすめです。

 

また、髪にダメージを与える行為としては過度なドライヤーや洗浄力の強いシャンプーがあげられます。

 

ドライヤーは髪に近づけすぎないように気をつけて、なるべく短時間で済ますようにしましょう。

 

髪に優しいシャンプーとしては、アミノ酸系シャンプーがあげられます。

 

スーパーやドラッグストアで多く販売されている安価な石油系シャンプーは、意外と脱脂力が強く髪に強いダメージを与えることがあります。

 

髪のダメージが気になる場合には、できればシャンプーもマイルドな洗浄力の物に変えてみるのがおすすめです。

 

おすすめのアミノ酸系シャンプーを見てみる>>

 

 

こんな記事もおすすめです

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

page top