乳酸菌 薄毛

乳酸菌が薄毛の改善に役立つ!?お腹の調子と薄毛には関係があった

 

最近では腸内環境がクローズアップされていて、腸内環境の悪さが様々な病気や体調不良の原因となることが言われていますね。

 

実際に便秘やおならの頻発、臭い便など、お腹の調子が気になる方も多いのではないでしょうか。

 

実は、腸内環境の状態と薄毛には密接な関係がありました。

 

もし、あなたが薄毛でお困りで腸内環境も気になる状態なら、乳酸菌が薄毛の改善に役立つかもしれません。

 

 

腸内環境と薄毛の関係は?

薄毛に腸内環境の状態が影響を与えると聞くと少し意外な感じがするかもしれませんが、腸内環境が悪い状態が続くと薄毛の原因となることもあります。

 

どうして腸内環境が悪いと薄毛になる可能性がでてくるのかというと、毛は血液により頭皮に運ばれてくる栄養を元に育まれるからです。

 

そして、血液に含まれる栄養は、腸で吸収された栄養です。

 

腸内環境が悪いと腸で十分に栄養を吸収したりすることできなくなりますし、便秘などで腸内に毒素が多く発生する状態だと、この毒素までもが血液に含まれて頭皮に運ばれてしまうことになります。

 

また、腸内細菌には腸が消化しきれなかった食べ物からビタミンやアミノ酸などの体にとって有用な成分を合成する働きもあります。

 

腸内環境が悪化すると腸内細菌の働きも悪くなり、腸内細菌が生み出すビタミンやアミノ酸も減少しがちになります。

 

毛を育むには豊富な栄養が必要になります。

 

人は栄養を食べ物から補給し、腸で吸収して体に取り込みますから、栄養を取りこむ器官である腸を良い状態に保つことは健康や美容には欠かせないことになります。

 

薄毛になる原因は腸内環境の悪化による栄養不足だけではありませんが、大きな要因のひとつと言えます。

 

 

Sponsored Link

 

 

こんなことが気になる方は腸内環境が悪化しているかも

便秘はもちろん、便秘や下痢を繰り返す、お腹を壊しやすい、臭いおならや便が出る、こんな状態が気になるようなら、腸内環境が悪化している可能性があります。

 

腸内環境は腸の善玉菌が減少し、悪玉菌が増加することで悪化していきます。そのため腸内環境を良くしていくためには善玉菌を増やしていくことが大切になります。

 

腸の悪玉菌が増える原因としては、加齢やストレス、肉や脂肪分、糖分の多い食事などがあげられます。

 

特に、腸の善玉菌は誰でも年齢を重ねれば重ねるほど減少しがちになりますから、ある程度の年齢になれば積極的に腸の善玉菌を増やせるように対策していくことが大切になります。

 

腸内環境を改善する最も簡単な方法は、ヨーグルトや乳酸菌サプリメントなどで積極的に善玉菌を補給していくことです。

 

お腹の調子が気になるなら、まずは善玉菌の積極的な補給からはじめてみるといいかもしれません。

 

おすすめの善玉菌サプリメントを見てみる>>

 

 

 

Sponsored Link

 

 

こんな記事もおすすめです

 

薄毛や抜け毛が気になる方におすすめのアイテム

 

薄毛や抜け毛が気になる方におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

↓↓詳細は画像をクリック↓↓

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

page top