髪 ボリュームアップ

髪をボリュームアップしたい!ペタンコ髪をふんわりにする方法は?

 

髪のボリュームが無くなるとフェイス周りが寂しい印象になって損ですね。

 

ある程度の年齢になると、加齢のせいだからしょうがない。。こんな風に諦めがちになりますが、なんとか少しでも改善していきたいものですね。

 

 

髪のボリュームをアップする方法は?

髪のボリュームが無くなる原因は、髪の本数の問題だけではなく、髪の太さやダメージの具合などもその原因となります。

 

つまり、髪の本数が少なくなってきたとしても、髪1本1本を太くしたり、ダメージを無くすことでボリュームアップすることは可能だということです。

 

髪を太くし、ダメージを無くすには?

髪を太くしたり、ダメージをなくすためには、「体の内側からのケア」「ヘアケア」の両方が大切になります。

 

体の内側からのケアとしては、栄養バランスの良い食事、体を冷やさない、睡眠不足や過度なストレスを避けるなどを心がけて体に負担がかからないようにすることが大切です。

 

ヘアケアとしては、洗浄力の強いシャンプーやゴシゴシ洗い、過度なパーマやヘアカラーなど髪にダメージを与えることを避けます。

 

特にヘアケアを改善して髪にコシやハリが出るようになると、髪のスタイリングもしやすくなり髪のボリュームアップの近道になりますから、何から始めていいかわからない場合はヘアケアの見直しから始めてみましょう。

 

例えば、シャンプーをハリやコシが出るタイプの物に変えてみたり、育毛剤やローションを活用してみるのもおすすめです。

 

育毛剤やローションは髪に活力を与える成分が配合されていため、髪に効果的にハリやコシを与えてくれます。

 

おすすめの育毛剤を見てみる>>

 

おすすめのシャンプーを見てみる>>

 

白髪染めされている方にはこちらもおすすめ

また、白髪染めをされている場合には、ヘナもおすすめです。

 

ヘナは、天然植物のヘナの葉を乾燥して粉末にしたものです。これをぬるま湯で溶き髪に塗布して1時間程度置くと白髪が染められます。

 

ヘナは髪の表面をコーティングして染めるため、髪が傷まず染められる上に、髪を太くしてコシを与えてくれる効果があります。

 

パーマがかかりにくくなったり、小まめなリタッチが必要になるといったデメリットはありますが、髪がしっかりと丈夫になりますから髪のダメージやコシが気になる方は試してみて下さい。

 

スタイリング法でも髪のボリュームは変わる

髪のボリュームは、ちょっとしたスタイリング方法でも変わります。

 

例えば、ドライヤーです。

 

髪を洗った後にドライヤーで乾かしますが、その際にドライヤーの温風を下から当てるようにします。

 

こうすると、髪の根元が立ち上がり、自然とボリュームがでます。

 

これだけでも随分と髪のふんわり感が違ってきますから、試してみて下さい。

 

また、カーラーでトップの髪を巻くのもおすすめです。
メイク前に先にカーラーを巻いておくと意外と手間いらずにできますから、活用してみて下さい。

 

また、スタイリング剤の付け方も注意が必要です。

 

ワックスやジェルなどを付ける場合には、毛先や動きを出したい部分にごく少量つけるようにします。
髪の根元には絶対につけないように注意しましょう。

 

髪の根元にスタイリング剤がつくと、時間が経つうちにスタイリング剤の重みで髪のボリュームがつぶれてしまいます。

 

ワックスやジェルなどのスタイリング剤は大量につけると、そのスタイリング剤の重さで髪がつぶれがちになります。なるべく軽く仕上がるものを少量つけるのがおすすめです。

 

 

Sponsored Link

 

 

薄毛や抜け毛が気になる方におすすめのアイテム

 

薄毛や抜け毛が気になる方におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

↓↓詳細は画像をクリック↓↓

 

 

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

 

Sponsored Link
page top