甘いもの 薄毛

甘いもの食べすぎると薄毛になる!?糖質好きは注意が必要

 

「甘いものが止められなくて、薄毛も気になる。。」

 

もし、あなたがこんな状況でお困りなら、ひょっとすると、それは甘いもの取り過ぎも影響しているかもしれません。

 

 

甘いものの取りすぎと薄毛の関係は?

実は、甘いものの取り過ぎと薄毛には関係があります。

 

なぜなら、甘いものを取り過ぎると、体内で糖化現象が起こってしまうからです。

 

糖化現象とは、体内で糖が多い状態が続くことにより糖とたんぱく質が結合して変性し、老化物質であるAGEを生み出して、血管を硬くしたり、肌の弾力を奪ったり、肌をくすませたりと老化を促し、体に様々な悪影響を及ぼします。

 

この糖化現象が頭皮で起こると、頭皮の柔軟性の鍵である真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどが硬くなったり、その影響で毛を育むために大切な血管や毛根にも悪影響を与えることになって抜け毛が増えたり、十分に毛が成長しないといったトラブルを引き起こす原因となります。

 

頭皮に柔軟性がなくなり硬くなると血流が悪くなり毛を育むために必要な栄養が十分に毛に送られないことになりますし、毛根に糖化により発生した老化物質であるAGEが蓄積されると毛乳頭からの指令が毛母細胞に届きにくくなったりして抜け毛を増やすなどのトラブルが発生することになります。

 

また、毛を黒くするための色素を作り出すメラノサイトに糖化によりAGEが蓄積されると、毛がメラニン色素を十分に取り込むことができなくなり、白髪を増やす原因ともなります。

 

甘いものを食べると元気が出たり、幸せな気持ちになったりしますが、取り過ぎには注意した方がよさそうです。

 

 

Sponsored Link

 

 

頭皮の糖化を予防するには

糖質の多いものを取り過ぎないことと、食べ方の工夫が大切になります。

 

糖質の多いものとしては、炭水化物や砂糖など糖分そのものが多いものがあげられます。
そのため、チョコレートやケーキなどのスィーツだけではなく、ご飯やパンなどの炭水化物を多く取ることもよくありません。

 

ただ、糖質は活動エネルギーとなるものですから、制限しすぎることは体にとってもよくありません。
過剰摂取をしないように気を付けながら適度に取っていくことが糖化を引き起こさないポイントになります。

 

ただ、そうはいっても美味しいものは、ついつい食べ過ぎてしまうのが人情ですね。
そんな、ついつい食べ過ぎてしまうという方におすすめなのが、食べ方の工夫を取り入れていくことです。

 

どんな食べ方がいいのかというと、糖質の多いものを食べる前に食物繊維が多いものを先に食べます。

 

糖質の多いものを食べる前に食物繊維が多いものを取ると糖質の吸収が穏やかになり、血糖値の急上昇を防いでくれ糖化の予防に役立ちます。
また、甘いものを食べたくなったら、チョコやケーキなどのスィーツを食べるのではなく、果物を食べるというのもおすすめです。

 

果物に多く含まれている果糖は、小腸でブトウ糖として分解されず、直接肝臓で代謝されるため血糖値がほとんど上りません。

 

例えば、血糖値の上昇スピードをブドウ糖を100としたら、果糖は20になります。

 

糖化は血糖値が高い状態が長く続くことで起こりやすくなりますから、果糖を活用すれば糖化を予防しながら甘いものを取ることができます。

 

果糖の甘さは砂糖の1.5倍程度もあるため満足感があり、ドカ食い防止にも役立ちます。

 

 

Sponsored Link

 

 

薄毛や抜け毛が気になる方におすすめのアイテム

 

薄毛や抜け毛が気になる方におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

↓↓詳細は画像をクリック↓↓

 

 

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです

 

 

Sponsored Link

 

 

 

page top